川村カオリさんの娘さんへのメッセージ

小淵沢シンポジウムでは 山梨大学医学部名誉教授 佐藤章夫先生の
「牛乳とは何か」というお話がありました。
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/index.html

話された内容を抜粋します。
・今や 日本人はお米より乳製品のほうをたくさんとっている
・日本人は何を食べたらよいか?=祖先が食べてきた食事
                            ↓
       穀物 大豆 野菜 海菜(+魚)=素食(粗食にあらず)
・牛乳を飲んだからといって背が伸びるわけではない
  思春期の到来が早くなるだけ

・牛乳が食品として不適切な理由
  女性ホルモンが多い→子宮肥大につながる
  
・以前の牛乳の売り言葉
  ★カルシウムが多い
  ★子供の背がのびる
  ★骨粗鬆症を予防する
      ↓
 しかし 現在では学校給食でも積極的には牛乳を勧めなくなった
 そして 骨粗鬆症は乳製品を多くとる国ほど多いという現実。

・離乳期をすぎて ミルクを飲む哺乳動物は人間以外にいない。

・乳がんの芽は思春期に発生する
  思春期の乳腺細胞は未分化で細胞分裂の際にDNA複製の誤りが起こりやすい
  →乳製品に含まれる女性ホルモンは乳製品の分裂・増殖をうながしてしまう。

・忙しいキャリア女性→朝食がパン・ヨーグルト・紅茶の朝食→乳がんのリスクが高まる

・乳がんの予防
 ・乳がん細胞を発生させない→思春期を遅らせる
 ・児童・学童期に乳製品を飲まない 食べない
 ・発生した乳がん細胞を増殖させない→乳製品を飲まない・食べない

・乳がんから身を守るために
 ・乳性品をできるだけ避けつつ乳がん検診を受ける
 
・前立腺がんにも 乳製品が関係している。

・国内発生の狂牛病は32頭中31頭は乳牛ホルスタイン(2007年2月5日現在)
  乳牛は4~6回人工授精で妊娠 出産 搾乳をした後 食用に屠殺されています。

「たばこをやめるのと同じで乳製品を止めて身体に悪いことはなにひとつない」
そして 平成21年7月28日 38歳の若さで乳がんで亡くなった
川村カオリさんが娘さんに宛てた手紙を紹介してくださいました。


ママからのおねがい

夜更かしをしないでください
ジャンクフードを好まないでください

乳製品をさけてください
体が冷えることは避けてください

がまんをしないでください
強くあろうとしないでください

いっぱい運動をしてください

こうでなきゃだめというマイルールをつくらないでください
まちがってもまっいっかと思ってください

こんなひもあるかと鼻歌でもうたってください
理想など追い求めないでください

ここじゃないと思ったら逃げてください
あなたを大切にしない人と長くいないでください

この世界は強くはできていないから
この世界は思ったよりきれいじゃないから

[PR]
by maronblue | 2009-09-28 01:14 | 2009小淵沢サマーカンファレンス
<< 小淵沢シンポジウム 久司道夫先生講演 三日目のランチ >>