久司先生の講演会

久司先生の講演会は
神戸のポートアイランド内にある神戸国際会議場メインホールで
開催されました。

中広行・中美恵先生夫妻
大場先生
虻川吾郎先生夫妻
マクロビオス高槻校の吉川まゆ美先生
がいらっしゃってました。

そしてサマカンで お世話になったKIJの方々。
直接 サマカンのお礼を伝えることができてうれしかったです。

久司先生のお話は・・・

8歳の頃から神社が好きで 
小さな頃は秋田に住んでいて よく近くの神社に行き
瞑想をしていた
無心になっていた。

16,7歳の頃 いつものように瞑想をしていたら
周りがすべて光に包まれた・・・
周りの神社も 石も 草花も そして私も・・・

そして すべてのものは光であると実感した

身体は・・・内臓や心臓や血管たちは・・・
オーケストラです。
シンフォニーを奏でているのです。

バランスよく心地よい音楽を奏でているのです。
宇宙と一体になって・・・

   ・
   ・
   ・
アメリカの国旗は星が描いてあります。
中近東の国旗は月が描いてあります。

星と月・・・夜の戦争が続いています。
夜が明けるためには 太陽が必要です。

太陽を描いている国旗は・・・日の丸の 日本です。

私は その日本のすばらしいことを ずっと伝えてきました。

白米から玄米へ変えてみませんか?
動物性を減らしませんか?
化学的な食べ物を減らしませんか?
長期醸造の味噌やお醤油を使いましょう。

身体と心を養うために・・・

わずかでもいいんです。
すこしづつでもいいんです。
スタートしてくれませんか?


「幸福」とは
  自分の夢 とこしえに限りなく続く夢を
  毎日 毎日 追い求めていく その 毎日こそが幸福である。

「夢」
  とこしえの限りなき自分を実証すること。
  それを証明し、確かめ、実践し、実現すること。

「人生の学び」
  天・自然・宇宙から学ぶ
  どんな風に どう変化するのか?
  地・地球・環境の変化を実感
  花は何故咲くの?石は何で硬いの? 
  天・地・人 いろんなことから学ぶ。
  雑学で結構。
  いろんな種類の本を読んで学んでください。

  そうすることで心・意識が成長します。
  死んだあとも 成長するプロセスを養います。

永久(とこしえ)の 国より来たり
限りなく 夢に遊びて 永久(とこしえ)の国に去り行く

果てしなき夢にしする 人の世は たまゆらなれど
今日もまた 夢を語りて諸人(もろびと)と 命の旅を

永久(とこしえ)の旅
永久(とこしえ)の国
 


私は9年前に一度 久司先生のお話を聞いたことがあります。
その時は 初めてマクロビオティックを知ったときでもあり
まだ 久司先生のおしゃることが ピンとこなかったのです。
でも 玄米やお野菜が身体にいいことだけは ずっと心に
残っていました。

そして 二度目の久司先生のお話は 4年前
マクロビオティックの教室に通い始めて半年たった頃です。
その時は 久司先生の存在は 神様のように 高い高いところに
いらっしゃる方という印象で そんな方のお話を聞けるなんて・・・
という気持ちで聞いていたので 舞い上がっていて ちゃんと
聞けていませんでした。

その後も 4年前の小淵沢のサマカン
2年前のアメリカのサマカンで 久司先生のお話を聞かせていただいています。

そして今 私なりのマクロビオティックというか
私の目指す マクロビオティック感なるものが はっきりしはじめてきた
この時に 聞いた久司先生の講演会は とても深い感動がありました。

私はマクロビオティックを伝え続けたいという想いがあります。
私が伝えたいと思っているクシマクロビオティックを提唱されている
久司道夫先生のお話。
何のフィルターも通さない 直接のメッセージを 直接感じることのできる
感動。

きっと これからも 伝えていく間 さまざまな壁が立ちはだかるかもしれません。
でも そんなとき 久司先生のメッセージを思い出し 
また フラットな気持ちに戻って クリアな心で 歩き出せるような気がします。

次は 今週末の奥出雲で 久司先生にお会いできます。

また 素敵なお話をたくさん聞かせていただけるのが楽しみです。



   
[PR]
by maronblue | 2009-10-05 23:44 | 講演会
<< 栗の渋皮煮 いざ久司先生の講演会へ >>