① 久司アヴェリーヌ偕子顕彰碑除幕式&久司道夫記念講演会

2009年10月10日
島根県仁多郡奥出雲町横田の「むらくもの丘」に建立された
久司道夫先生の亡き奥様でいらっしゃる アヴェリーヌ偕子先生の
顕彰碑の除幕式が行われました。
f0168008_23414189.jpg


この除幕式には
久司道夫先生 現夫人 みどりさん
久司先生の息子さんのハルオさん そしてお孫さん
中広行先生 中美恵先生
パトリシオ先生 そして一番上の娘さん
大場先生
大久保地和子先生
中島デコ先生
西邑まゆみさん
奥津典子先生 そして友吾さん
などなど スペシャルな先生方も参列なさっていました。

序幕式が始まるまで 秋空の気持ちいいお天気だったのが
神主さんの神事が始まるころには ポツポツと雨が落ちてきました。
私には その雨が アヴェリーヌ先生の涙に思えてしかたありませんでした。
一通り 神事が終わったあと 久司先生が マイクを持たれて
そして 記念碑に向かって お話されました。
言葉を詰まらせながら・・・そして涙声で・・・

「アヴェリーヌ!よかったねぇ!
 
こんなに立派な記念碑を作ってもらったよ

君がいっつも話してくれていた 船通山がよく見えるねぇ。

君とは アメリカやヨーロッパ いろんなところに一緒にいったねぇ

楽しかったよ。

今 きっとリリィ(亡くなった娘さん)もそばに一緒にいるんだろう。

二人で楽しくやってるんだろうね。」

こんな内容のお話を 語りかけるようになさいました。

私は お二人のご苦労をいろいろと思い出したのと そして
久司先生のアヴェリーヌ先生への深い愛を感じて
涙がびっくりするくらい ポロポロとこぼれて止まらなくなってしまいました。

そして最後に いつものように少しおどけた感じで
「ぼくは 今 みどりちゃんと楽しくやってるからね。
 何も心配いらないよ。
 アヴェリーヌ!お元気で!」
と みんなを笑わせてくださって 序幕式は終了しました。

久司先生がお話をされる頃には さっきの雨がうそだったみたいに
空がだんだんと明るくなってきました。
やっぱり久司先生は 晴れ男☆

アヴェリーヌ先生がお好きだった船通山
霊山のひとつといわれています。
古代 天の岩舟(宇宙船)が東北→船通山→広島→→英国まで
飛んでいたというお話もあるそうです。
この山陰のこの一体は 古代都市があったとも。
庄原市には 古代ピラミットといわれている 葦嶽山もあります。
ロマンあふれる こんなお話 大好きです♪

そしてこの船通山・・・私はマクロビオティックという言葉すら知らなかった
10年程前に 一度登ったことがありました。
山頂に近づくにつれて 階段状になった登山道に紫色の小さなカタクリの花が
ちらほらと・・・
そして 山頂につくと そこはなだらかな芝の草原になっていて そして
足の踏み場もないくらい カタクリの花が咲いていたのを今でも良く覚えています。

私がマクロビオティックの道に進むことを その時 何か 大きな力で
導いてくれていたのなら・・・それは とても幸せなことです。
[PR]
by maronblue | 2009-10-10 23:33 | 講演会
<< ②久司アヴェリーヌ偕子顕彰碑除... 栗の渋皮煮 >>