うまれる

自主上映という形でしか上映されないドキュメンタリー映画「うまれる」を
観てきました。

http://umareru.jp/
広島県では初の開催。

午前と午後の上映の間に 豪田トモ監督の講演もありました。
そのお話を聞きながら すでに涙が出てきた私。

監督がなぜ この映画を撮ろうと思ったのか・・・
監督自身は 4つ下の弟が障害を持って生まれたことにより
自分自身への愛を両親から感じることができないまま 大人に
なったとおっしゃいます。
だから 幸せな家族像とか父親像とかがわからなかったと
おっしゃいました。

そんな中 監督が結婚もしたけれどいろいろあって離婚をしたすぐのころ
胎内記憶の池川明先生の講演を撮影してくれないかという
仕事の依頼が入ったとき 特に興味はもてず どちらかといえば気がのらない・・・そんな感じで思っていたけど ふって何だかわからないけど
でも撮ってみよう 行ってみようと思いカメラを回しに行ったら
「こどもが親を選んで生まれてくる」という 池川先生のお話。
そんな今までなかった概念を知り 今までと違う角度で自分を
探究していくようになり ご両親への感情も変化していったそうです。

詳しい詳細はこちら↓

http://www.umareru.jp/staff/message.html
監督は 小さな頃 愛されたという記憶は今もないけれど
その時のことを感じる感情が変化したとおっしゃいます。
今は 撮影を通して監督自身も大きな心の変化があり
プロデューサーとして一緒の映画を撮っていた牛山朋子さんとの間に
子供をもうけ 父親の喜び 家族の幸せを感じているそうです。
そしてご自信のご両親との仲もとても良くなったそうです。

「人は変化できるんだ。変化できると未来も変わるんだ」

監督のその言葉が とても深く私の心に刻まれました。


映画は4つの家族のお話をつむいであります。

詳しいストーリーはこちら↓
http://www.umareru.jp/story/
虐待された経験のある妻と 両親の不仲を見てきた夫
その二人が子供を授かり いろんなことを感じながら
親になっていく姿。
これだけ読むと暗いイメージだけれども なにがなにが
このご夫婦 とてもおちゃめで 見ていていっぱい
笑いをくれました。
どんなときでも 明るさって大切。
そして いっぱい話すって大切。
私にそんなメッセージをくれました。


出産予定日の朝 おなかのなかで死んでしまった赤ちゃんの
ご夫婦のお話。
深い悲しみを乗り越えられたご夫婦の強い絆を感じました。
そして 短い時間でも ここの子供として生まれたかった
赤ちゃんの思いも知ることのできるストーリーです。


18トリソミーという染色体の異常で 生まれても1年生きられないかもしれないという障害を持った男の子のご両親のお話。
いろんな不安や迷いは出るけれど それは答えの出ないもの。
だったら今 目の前にいる我が子といる時間をしっかり楽しもうと
夫婦でいっぱい笑っているご夫婦。
今現在 その男の子 三歳のお誕生日を無事に迎えることができ
上下に歯も生えて チューブでしか栄養をとれなかったのが
食事もできるようになってきているそうです。


10年近い不妊治療の結果 産まないという選択をした 不妊治療で有名なクリニックで働いている妻のお話。
産まないという選択はしたけれど クリニックに堕胎をしにくる人たちを
見て複雑な気持ちに・・・
「子供は選んで生まれてくるっていうけど じゃあなんで堕ろそうとする
人たちを選ぶの?」
心が痛くなりました。
そしてそんな妻を大きく包み込もうとするご主人。

こんな4つの家族のお話です。


そして このご家族の人生は 映画でおしまいではなく 今もなお
続いています。


見終わったあと さあ私はどう生きようか?っていっぱい考えています。

講演会の途中の質問コーナーで 「34歳の娘がやっとお見合いでお嫁に行きます。子供産むのもギリギリですよね。そして相手の男の人をどこを見れば安心ですか?」という質問をされたお母さんがいらっしゃいました。

まだ独身だしチャンスがあれば子供だってまだ産みたいし・・・
そんな私にしてみたら 何を質問しているんだ!?って思いますが
ただ これが普通の世間の人の目線なんですよね。
そして 両親の心の声でもあるんだと思います。心配っていう。

この時の監督のお答えは「私の奥さんは38歳で出産しましたよ。
そして 相手のことは ジャッジしないことが一番です。ただそのままを
受け入れる。私だって相手のご両親に最初に年収いくら?って聞かれましたけど(笑)」
っておっしゃっていました。

「ジャッジしない」
これができるようになると 本当に生きやすくなるんだろうなぁ。


池川明先生の胎内記憶のお話を聞かせてもらい
そして 豪田トモ監督の講演会も聞かせてもらい
映画も観る事ができて
そんな機会を用意してくださった
フジハラレディースクリニックの藤原院長
本当にありがとうございます。

http://www.fujihara-lc.jp/top.php

本当に いっぱいいっぱい私自身を しっかりと見つめたいと
思います。

私を幸せにできるのは 私自身。

豪田監督もおっしゃってました。

さあ どうやって私を幸せにしてあげようかなぁ




PS. 藤原院長がこの感想を 豪田監督に紹介してくださり 「うまれる」のHPの豪田監督の
   ブログの中でも 転載してくださいました。
   私のこの感想が また誰かの何かのきっかけになったら嬉しいな。
[PR]
# by maronblue | 2012-03-01 23:57

胎内記憶 池川明先生のお話を聴いて・・・

先月 1月22日にフジハラレディースクリニックで 池川明先生の講演会がありました。
その時の感想です。


箇条書き的なレポになりますけど・・・


池川先生は ほんわか やわらかい とてもあたたかいオーラに包まれた感いっぱいの先生です。


もう10年「胎内記憶」って言い続けて やっと最近 胎内記憶って言葉が
一般の人にも知ってもらえる言葉になったっておっしゃってました。

10年前は 産まれる前の話を子供がすると オカルト的に親はとらえてしまって「人の前じゃ話しちゃいけません[m:78]」的なことだったのに
今では 「うちの子 話してくれないんです[m:56]」的な感じにまで変わってるって。

だから なんでも10年 言い続けてると 人の想いで世界は変わるんだと思うって。

胎内記憶を話してくれる子供は だいたい3割くらいみたいです。
2~3才まで記憶があるみたいなので お話を聞くのはその時くらいがチャンスみたい。
でも 小学生になっても 大人になってもその時の記憶をずっと持ってる人もたまにいるみたいです。

赤ちゃんは 母親や父親がだいたい中学生くらいの時に この人の子供になるって決めてることが統計的に多いみたいです。
上から見ていた時のお母さんの姿をたずねると 「あ それ私の中学生の時です」みたいな。
で 赤ちゃんがそこに生まれるためにお母さんとお父さんの耳元でそっとささやいて 二人を結びつけたり・・・[m:49]

もちろんお腹の中に宿ったときや お腹から出てきたときに 「ここに行く」って決めて下りてくることもあるそうです。

兄弟がいる人は 上で子供同士で順番を決めてるみたいで
これは 藤原先生のとこに診察に来られたお子さんのお話ですが
二人目の子供を妊娠したお母さんが 最初の子供も一緒に診察を受けていたらまだ 性別がわからないときに先生に「お腹のあかちゃんはね 女の子だよ」って言ったそうです。
先生は もうこういったことは普通によくあることなので「そうなんだねぇ」って受け取っていたら「そしてね その次の子は男の子」って言ったのでびっくりしたっておっしゃってました。

上で生まれるのを待ってる赤ちゃんたちは ものすごくたくさんいて
本当に生まれてこれる赤ちゃんは とってもラッキーだそうです。

最初の子供を流産したお母さんが 次に双子の赤ちゃんを出産したそうです。
その子供の話によると・・・
上で待ってたときに 列の前から 温泉から出てきたばかりみたいな
とても蒸気したうれしそうな赤ちゃんがやってきたそうです。
その赤ちゃんは そのお母さんが流産した赤ちゃんだったのですが
「すっごい居心地のいい気持ちのいい場所だったよ!よかったよ!」
って言ったそうです。
それを聞いた赤ちゃんは 早く生まれたいって思って 前に並んでる
赤ちゃんに「一緒に生まれてもいい?」って聞いて「いいよ 俺 経験すくないから大変かもしれないけど」って了承を得て お母さんの双子の赤ちゃんとして生まれてきたそうです。一緒に生まれたもう一人の赤ちゃんのことは「やっぱり大変だった」っって言ってたそうです。そして流産してしまった赤ちゃんだけども 流産してしまったことは現世の人達から見ればとても
哀しいことだけど その赤ちゃんの魂はそれを選んでその人の元へ行くし、
そしてたとえ短い間でも この現世でお母さんのお腹に入るってことは
たまらない幸せと感じているそうです。

だから流産したことで必要以上に自分を責めたり悲しんだりすることは
赤ちゃんの望んでいることではないとおっしゃってます。
今の幸せのために 何かメッセージとして それを伝える大切なメッセンジャーとして ほんのひと時お母さんの下にやってきた天使なのかもしれない。

お産が5人くらい重なってしまったとき そこにお腹の赤ちゃんの言葉が
聞ける人がいて 赤ちゃん同士で すごいわいわいと生まれる順番の相談をしていて うるさかった・・・とかも。

参加されてたお母さんが自分の子供に聞いたら「おもちゃで遊んでた」って言うですけど・・・ってお言葉には 赤ちゃんはへその緒を握ったり離したりして遊んだりもするけど お母さんがお腹の前に「ボールで遊ぼうね」とか「消防車で遊ぼうね」とかおもちゃを見せると エアおもちゃで赤ちゃん
は遊ぶんだと思いますって・・・
そんな話もよくあるみたいです。

上から降りてくるときの話をしてくれる子供は「飛行機」だったり「虹」だったり 「エスカレーター」っていう子もいるそうです。
そして 最近 「星から来た」って素敵なことをいう子もふえたんだよなぁ
って。

「妊娠中 家族の病気や手術があって ぜんぜんお腹に子供がいるとき
思いやったり話かけたりできてなかったんですが 今からでも何かすることできますか?」という質問には 「もう 大丈夫ですよ。過去のことをああだったからって思って 今 その子を大切に思ってる時点でもう過去のことは消えてますから」って。
過去の出来事には 良い・悪いはなくて 人の想いがそのことを良い・悪いって判断しているだけ。今 その過去を受け入れて幸せに向かっていれば
それが 今 一番素敵なこと。

そして 子供を怒ったりしかったりするのはとても大切なこと。
ただし そこに 絶対その子供に お母さんはあなたが大好きで大切で愛しているのよっていうことを 子供に伝えて受け取ってもらうこと。
その伝え方で 一番大切なのは「笑顔」だそうです。

タレントの青木さやかさんも妊娠中 池川先生の本を読んですごく参考になり ご自身の本を出版されるときに 池川先生と対談することがあり
一緒に写真を撮ったそうなのですが その時に
「先生 もっと笑顔になってください」って言われて
「え?私 笑ってますよ?」って言ったら
「そんなの全然 笑ってるように見えませんよ。心の中で140%笑顔になって やっと他の人に笑顔に見えるんです。駄目です!先生!」って
怒られたそうです。
そして最高の笑顔でお二人のツーショットの写真が撮れたそうです。
「青木さんには いいことを教えてもらいました」って先生 なんて謙虚なんだろう・・・

そして 不思議なランプ「マインドランプ」っていうのを持ってこられてました。
それは飛行機でパイロットがパニックになるとそれが機械にも伝わって
機械が誤動作をおこすんじゃないかという研究をしているアメリカの会社が製造したものらしく 人の気持ちでランプの色が変わるそうです。
白い擦りガラス的な長細い花瓶のような形のきれいなランプで
講演中 ピンクや緑や青にゆっくり変わっていました。

人は 結構自分の気持ちを伝えるってことが難しいけれども
それは 訓練するとちゃんとできるようになるんだよ。
それを訓練するのに とてもいいランプなんだよっておっしゃってました。
例えば 嬉しいって気持ちを伝えてるつもりが伝わってないこと
ありますよね?
嬉しいとピンクになるみたいなので ランプがピンクになるまで
いろいろと嬉しい気持ちの伝え方を練習してみる・・・とか。
最初は なかなかうまくいかないけど 続けると瞬時に色を買えることができるらしい・・・。

ちょっと気になるこのランプ アメリカのHPで「マインドランプ」で検索すると出てきて「180ドル」くらいで購入できるそうです。

だれか 私に買って~!(笑)

親子でも 夫婦でも 恋人同士でも 友達同士でも気持ちを伝えるコミュニケーションって一番大切ですよね。
それを 言葉で伝える。思っていても伝わらない。

妊娠中 旦那さんが単身赴任でお腹の赤ちゃんとコミュニケーションとれないって
思っても お母さんと携帯でお話した時 お父さんの声も お腹に携帯を
持っていって聞かせてあげると 赤ちゃんはちゃんと聞いてるそうです。
その時の効果は 電磁波の悪影響云々の比にならないくらい素敵なものだそうです。

そして 今 原発とかのさまざまな問題で不安に思ってる人も多いですよね。でも未来に不安を思うその心で 身体の中には身体にダメージを与えてしまうホルモンを自分自身でたくさん出してしまってるそうです。

最初にも書きましたが 人の思いで世界は変わるのかもしれない。

大変なこともたくさん起きてる。
怖いニュースもいろいろ流れる。
けれども いたづらにそれに反応しないで
明るい楽しい未来を信じる心って すごく大切なことなんじゃないかなぁ
と思いました。


http://www1.seaple.icc.ne.jp/aikegawa/
http://www.30ans.com/memory/
映画「うまれる」(池川先生がたづさわってるドキュメンタリー映画)
http://www.umareru.jp/index.html

長い長い日記になっちゃった。
ちょっと私の覚書チックですけど。
今日の私の記録です。
[PR]
# by maronblue | 2012-03-01 23:52 | 講演会

ごぶさたでした。

半年以上 ごぶさたしてしまいました。

みなさま おひさしぶりです。

あーっというまに2012年 時がたつのは本当はやいですね。

前回 告知しました ほほえみごはん会なのですが

開催当日 和歌山方面で 記録的な大雨と土砂崩れをおこした
台風が接近中ということで 開催を中止しました。

そのころから 年末頃にかけて 

いろんなことがおきたり いろんなことを考えたり・・・

これから どうマクロビとつきあっていこう・・・とか思っちゃったり・・・

そしたらブログが書けなくなってしまいました。


でも 時は確実に過ぎ去っていく・・・

そして おきた出来事を忘れていく・・・


そんなとき ふっと この自分のブログを最初から読み直したりしてみると

がんばって生きてるじゃん 私って思えたり。

そして綴ってなかったら確実に忘れていたであろう出来事たち。

現に読まなければ思いださなかったことだらけ(笑)


なので また ちゃんと自分のために またブログ復活させようって思いました。

自分のために書いちゃってますが

どうぞ みなさま またおつきあいくださいませ。
  
[PR]
# by maronblue | 2012-03-01 23:47 | ふと思ったこと

ほほえみごはん会 パート5開催します。

涼しくなってまいりましたね。
でも まだ油断は禁物なんでしょうね。

お盆を過ぎて 目にはみえないけれど
秋に向かって いろんなものが変化し始めましたね~

晩夏と呼ばれる頃・・・

ほほえみごはん会パート5開催いたします。

これから美味しくなるお野菜
この頃の身体を癒すお料理

またまた お腹いっぱい食べてもらえるメニューを
取り揃えてお待ちしております。


日時 平成23年9月3日(土)
   19時~20時半

料金 2500円

定員 10名

場所 〒730-0805
   広島市中区十日市町1-4-18
    第2コロナビル2階
    
   「器あそび十日市店」

    電話 082-295-9577

  付近にコイン駐車場多数あります。

申込方法
 コメントにお名前とメールアドレスと人数をお知らせください。
 折り返しこちらから ご連絡いたします。
[PR]
# by maronblue | 2011-08-25 01:15

レトワールフリヨン

友達が念願の夢だったパン屋さんを
今日!オープンしました。

パンが大好きで 自宅でパン教室を開催したり
東京まで パンを習いに通ったり・・・
本当に本当に 一生懸命 自分の道を
しっかり見つめて すてきなお店をオープンしました。

今朝 10時オープンだったのですが
広島市内は ものすごい豪雨だったにもかかわらず
開店と同時に いっぱいお客さんがいらっしゃって
30分後には 用意してあったパンはほとんど売れてしまったそうです。

私は ウカツにも13時前に行ってしまったので ハード系のパンが数種類残るのみ・・・
と 思いきや まだまだ パンを焼いていて 焼きたてバゲットもゲットすることができました!

私は 彼女のつくるパンの生地の味わいが たまらなく好きです。
他のパン屋さんのパンとは 何かが違う 彼女らしい味わい・・・

それは いつ食べても感じるので 本当に彼女自身の作り出した 彼女ならではの
ものなんだろうなぁ・・・

お店は
フレスタ上天満町から徒歩3分くらいの場所にあります。
パン販売の日と パン教室の日がありますので 
詳しくは下記をご覧くださいね。


レトワール フリヨン
〒733-0012
広島市西区中広町1-18-22
   メゾン瀬川101

電話・fax 082-296-3655


営業時間10:00~13:00(※営業時間変更になりました)
定休日  水曜日・木曜日
パン販売 日曜日・月曜日・火曜日
パン教室 金曜日・土曜日



f0168008_2052625.jpg

f0168008_2052691.jpg

f0168008_2052684.jpg

f0168008_205269.jpg

f0168008_2052631.jpg

[PR]
# by maronblue | 2011-08-21 20:05

李朝家具展示会

いつも試食会でお世話になっている
器あそび十日市店で 今日から李朝家具の展示会が
開催されています。

李朝家具とは
お隣 韓国のいわゆるアンティーク的な家具のこと。
100年以上前のものもあるそうです。

日本の時代でいうと室町時代から明治時代くらいのとき
今の韓国では李氏朝鮮 正式には朝鮮王朝という時代。
「チャングムの誓い」はこの李朝時代の中期の頃のお話です。

当時の高級官僚たちの書斎の家具として使われていたようです。

日本の家具と比べると コンパクトですが なんともいえない
存在感がありました。

小さな引き出しがたくさんついてたり
扉をあけると押入れみたいな大きな空間になってみたり
おもしろい作りのものもいろいろありました。

私は 今回初めてこの李朝家具を意識して拝見しましたが
素敵だなぁ いつかおうちにひとつあったらいいなぁって
思いました。

私は 器あそびさんの選ばれる品々は オーナーさんの本物を見ぬく目に
かなったものだと思っているので 安心しています。

いつもいつもは 購入できる金額のものばかりではないですが
いつか買うときは こちらで選びたい。

そう感じさせてもらえるお店です。

ご自身の目と心を豊かにする素敵な場所かもしれません。

ご興味をもたれた方は ぜひぜひ 足を運ばれてみてくださいね。



       器あそび十日市店
       〒730-0805
       広島市中区十日市町1-4-18   第2コロナビル2F
       電話082-295-9577
  
          2011年8月20日(土)~8月28日(日)
          AM10:00~PM6:00

f0168008_23541493.jpg
f0168008_23543184.jpg

f0168008_23552642.jpg
f0168008_23554358.jpg
f0168008_2356219.jpg


        
[PR]
# by maronblue | 2011-08-20 23:59 | イベント

ほほえみごはん会ご報告

ご報告が遅くなりました。
ちょっとPCを貸し出してまして・・・

ではではご報告。

第4回目 無事に終了しました

今回は 油は使わないお料理を味わってもらいました。
あ 油無しがどうだったかの感想聞くの忘れました・・・(汗)

今回のメニュー

大葉玄米ごはん

パセリとレーズンの玄米ごはん

切干大根の荷物

小豆かぼちゃ

茄子とピーマンの味噌煮

時雨味噌の生春巻

オクラの煮浸し

小松菜の胡麻合え

キュウリの生涯漬け

蓮根蒸し団子ナメたけがけ
とうもろこしのスープ

クスクスのティラミス

黒胡麻プリン



小豆かぼちゃは 柔らかく煮た小豆をかぼちゃにのっけて
さらに柔らかく煮るマクロビ定番糖尿病が心配な人のお料理。

しかし 小豆は甘い物のというのが定説!
「もう少し甘いのがいいなあ」って正直なお言葉
勉強になります

この方 今回一番気に入ったメニューは キュウリの生姜漬け
その次は 茄子とピーマンの味噌煮だったそうです。

手のこんでない簡単シンプルメニューでしたが こういったのが 逆に喜ばれるのかなあ

デザートタイムは オーナーのご配慮で お抹茶も


ここは立派なお茶室があるのです
月二回 三千円で裏千家の茶道も教えていただけます

今回は 作法をすっかり忘れた私が ヤカンから直接ひしゃくですくって たったまま シャカシャカしちゃいましたが
(再度確認が必要)


次回の予約を下さった方もいらっしゃっいました

私 がんばります

今回は9名
ご参加くださいました。



次回の開催日も決定いたしました。

9月3日(土曜日)19時~
料金 2500円


また詳細が決定いたしましたら

こちらにアップいたします。

f0168008_046567.jpg
f0168008_0471814.jpg
f0168008_0473477.jpg

[PR]
# by maronblue | 2011-08-18 00:43

ハナレテミル

なんでも その世界の中にどっぷり浸かると


その世界がすべてで


その世界が正義のような


錯覚になる



でも しっかり浸かった後は


ちゃんと また いわゆる普通の世界に戻ると



客観的に 浸かってた世界が見れて



浸かってた時には感じれなかった 浸かってた世界が伝えようとしたものを
感じれるような気がします。



ストイック過ぎた 私のマクロビ体験もそう。


少し 離れたとこから見ると


より 自分らしく 自由になれた☆
[PR]
# by maronblue | 2011-08-09 07:49